Proxyとか

ネット界隈と時事ニュースなどの日常の何気ない話題が中心な信憑性もなければ公平性もない偏った素人のメモ。

 http://fula.jp/ へのリンクはフリーです [メール] [PGP] はこちらよりどうぞ。但し、営利目的の方はご遠慮下さい。    携帯    English    韓国語    中文

<< Zend Optimizer 3 導入してみました | TOP | Winnyパケット遮断 に対して 総務省が行政指導 >>

[tool]  Opera で GET_header に URLを渡すボタン

2006/05/16(Tue) 21:00:14

Opera の拡張用ボタンです。現在見ているサイトのヘッダー(header)情報を取得するための機能です。Firefox などには Livehttpheaders などのヘッダー(header)情報を取得するための拡張が公開されていますが、Opera の場合そのような拡張が見当たらなく、個人的にボタンを付けて見たところ想いのほか便利だったので紹介したいと思います。

ヘッダー(header)情報の取得には当所の Get_header [説明] と GET_header_source_capture [説明] を利用しています。Opera のボタンから当所のスクリプトにURLを送る事になるのでそのあたりはご理解のうえご利用ください。尚、以下のボタン用リンクは Opera 専用です。 Opera 以外のブラウザから操作しても何もおきません。

favicon.ico     Header     GET_header

favicon.ico     Header2    GET_header_source_capture

それぞれのソース
<a href="opera:/button/Go%20to%20page,%20%22http://fula.jp/cgi-bin/head/?url=%25u%22" title="Header"></a>
<a href="opera:/button/Go%20to%20page,%20%22http://fula.jp/cgi-bin/head/?url=%25u%22,,,%22spell%22" title="Header">Header</a>
<a href="opera:/button/Go%20to%20page,%20%22http://fula.jp/cgi-bin/head/?url=%25u%22" title="Header2"></a>
<a href="opera:/button/Go%20to%20page,%20%22http://fula.jp/cgi-bin/head/?url=%25u%22,,,%22spell%22" title="Header2"></a>

アイコンをクリックすればアイコンがそのままボタンになります。文字列の方をクリックすればその文字のボタンになります。上記のソースをそのまま Google や Another HTML-lint gateway などのURLに付け替えれば自分オリジナルのボタンを簡単につくれますね。

尚、Header と header2 とありますが、簡単に説明すると、送り先のスクリプトの機能に違いがあります。前者の Header は単純に HTTP header 情報だけを取り出します。機能が単純なぶん動作は軽快です。後者の Header2 は前者の Header の拡張版で HTTP header に加え、接続先のソース(きちんと色分け整形されます。)と接続先の画像生成をおこないます。機能が複雑な分若干の負荷があります。

参考リンク

Opera7 All Action in Japanese
http://www.opera-wiki.com/?Opera7%20All%20Action%20in%20Japanese

Opera Special Buttons
http://www14.plala.or.jp/operairc/customize/button.html

私的 Opera まとめページ
http://pasokon-yugi.cool.ne.jp/opera/

[admin ID:92RrOHSc] [Trackbacks:0] [English]
[記事固有URL:http://fula.jp/blog/index.php?no=r736]
[トラックバックURL:http://fula.jp/blog/ptb.php?no=736]



コメントについての補足事項

  • コメントは誰でもご自由にどうぞ。但し、営利目的の投稿はご遠慮下さい。
  • コメント内のhttp:// から始まる文字は自動リンクします。
  • 自動リンクしたくない場合は先頭に * (アスタリスク)をつけて *http:// としてください。
  • 投稿パスはコメント投稿後に修正、削除などの管理作業を行う時に利用します。
  • 設定した投稿パスは トリップ としても作用します。
  • ご自身で任意のパスワードを設定のうえ投稿して下さい。
  • 誹謗中傷など投稿内容によっては管理人の権限で削除、修正させて頂く場合があります。
  • 日本語を一定数含まない場合や句読点(点や丸)が使われていないコメントは投稿できません。
  • 正規書き込みパスには、はんかくかたかなで のし と記入下さい。スパム対策です。

名前

投稿パス

正規書き込みパス

コメント

確認後 :

投稿後の記事の修正削除

記事番号 : 投稿パス:

上記より投稿時に設定した投稿パスを入力して下さい。修正、削除などの管理作業を行う事が出来ます。

<< Zend Optimizer 3 導入してみました | TOP | Winnyパケット遮断 に対して 総務省が行政指導 >>

apache_powered.gif php5_powered.gif eaccelerator_powered.gif zend_optimizer_powered.gif xmail_powered.gif opera9_browser.gif

FLEUGELz