Proxyとか

ネット界隈と時事ニュースなどの日常の何気ない話題が中心な信憑性もなければ公平性もない偏った素人のメモ。

 http://fula.jp/ へのリンクはフリーです [メール] [PGP] はこちらよりどうぞ。但し、営利目的の方はご遠慮下さい。    携帯    English    韓国語    中文

<< InternetExplorer が white-space:pre; を理解しない件 | TOP | Opera 8.52 に一部脆弱性 Opera 8.53 リリース >>

[Server]  TechBase Proxy (DeveloperProxy)

2006/02/26(Sun) 18:45:40

Forward Proxy(フォワード プロクシ) Reverse Proxy(リバース プロクシ) Echo Server(エコー サーバー)を兼ね備えたJavaで書かれたサーバーソフトウェアです。最大の特徴は視覚的にTCP通信をリアルタイムで見る事が出来ると言う事です。特に、グラフィカルなReverse Proxy(リバース プロクシ)は珍しいのではないでしょうか?

s-techbaseproxy_reverse_proxy.png

ReadMeより抜粋

このツールはWebアプリケーションディベラパやWebプロトコルの学習者に役立ちます。

Webアプリケーション開発する際、ブラウザ(クライアントソフト)とサーバの間に実際何がやりとりされたかを知っておけば、簡単かつ素早くの問題解決は可能となります。このツールは基本的にこのために開発されています。

HTTPプロトコルや、SOAPプロトコルなどHTTPプロトコルを基本となるプロトコルを学習・研究している方々にも、このツールは役立ちます。

世の中にこのツールと似てるプロキシツールはすでに存在しているのですが、このツールは特別な機能を含めています。

私の場合主にスクリプトのパラメーターのデバックや各ブラウザ毎の動作確認などに使っていますが、例えば

Brower(Internet) ---> Port80 --- Reverse Proxy (TechBase Proxy) --- Port8080 ---> Web Server (Apache)
Brower(Internet) ---> Port80 ---router --- Reverse Proxy (TechBase Proxy) (192.168.1.2) --- Port80 ---> Web Server (Apache)(192.168.1.3)

パフォーマンス的な事は別問題として、この様な構成にする事によってApacheへのリクエストを視覚的に捉えることが出来ると思います。まさにWindowsネイティブな擬似Apacheとなる訳です。接続を見ながらニヤニヤしてください。尚、動作の為にはJavaが必要となります。

DeveloperProxy
http://www.tech-base.net/jp/products/devproxy/index.html

Java ソフトウェアの無料ダウンロード
http://www.java.com/ja/

個人的にはかなり以前からデバック用に利用させていただいていたのですが、非常に有用にも関わらず、なぜだか検索エンジン (Google) (Yahoo) にほとんど情報がなかったので書かせて頂きました。是非ともお勧めします。

[admin ID:92RrOHSc] [Trackbacks:0] [English]
[記事固有URL:http://fula.jp/blog/index.php?no=r718]
[トラックバックURL:http://fula.jp/blog/ptb.php?no=718]



コメントについての補足事項

  • コメントは誰でもご自由にどうぞ。但し、営利目的の投稿はご遠慮下さい。
  • コメント内のhttp:// から始まる文字は自動リンクします。
  • 自動リンクしたくない場合は先頭に * (アスタリスク)をつけて *http:// としてください。
  • 投稿パスはコメント投稿後に修正、削除などの管理作業を行う時に利用します。
  • 設定した投稿パスは トリップ としても作用します。
  • ご自身で任意のパスワードを設定のうえ投稿して下さい。
  • 誹謗中傷など投稿内容によっては管理人の権限で削除、修正させて頂く場合があります。
  • 日本語を一定数含まない場合や句読点(点や丸)が使われていないコメントは投稿できません。
  • 正規書き込みパスには、はんかくかたかなで のし と記入下さい。スパム対策です。

名前

投稿パス

正規書き込みパス

コメント

確認後 :

投稿後の記事の修正削除

記事番号 : 投稿パス:

上記より投稿時に設定した投稿パスを入力して下さい。修正、削除などの管理作業を行う事が出来ます。

<< InternetExplorer が white-space:pre; を理解しない件 | TOP | Opera 8.52 に一部脆弱性 Opera 8.53 リリース >>

apache_powered.gif php5_powered.gif eaccelerator_powered.gif zend_optimizer_powered.gif xmail_powered.gif opera9_browser.gif

FLEUGELz