Proxyとか

ネット界隈と時事ニュースなどの日常の何気ない話題が中心な信憑性もなければ公平性もない偏った素人のメモ。

 http://fula.jp/ へのリンクはフリーです [メール] [PGP] はこちらよりどうぞ。但し、営利目的の方はご遠慮下さい。    携帯    English    韓国語    中文

<< URL変更のお知らせ x.plala.jp → fula.jp | TOP | Header (ヘッダー) を見る為のPHPスクリプト >>

[Server]  サイトの引越し URL変更(移動) にともなう備考

2005/11/28(Mon) 17:41:44

URLを引越(移動)ししてから約1週間になりますが、検索エンジン等も徐々に新URLに移行してきた様なので簡単にまとめてみます。

現在は旧URLの http://x.plala.jp/ でも http://fula.jp/ のどちらでもアクセスできる様になっています。方法としては、ただ単に両方のドメインを割り当てるのではなく、http://x.plala.jp/ へのアクセスは意図的に http://fula.jp/ へリダイレクトさせています。こうする事によってURLの移動を検索エンジン等にも伝える事が出来ます。

その時の注意ですが、必ず
HTTP/1.1 301 Moved Permanently
を Header に追加してやる必要があります。

これは「URLが永久に移動」した事をブラウザや検索エンジンに伝えます。


実際の Apache の設定ですが(他にも mod_rewrite 等の方法もあります)
Redirect permanent /cgi-bin/blog http://fula.jp/blog
Redirect permanent / http://fula.jp/
とします。これで Header 内に HTTP/1.1 301 Moved Permanently を含んだリダイレクトができます。

blogは /cgi-bin/blog だったので今回ディレクトリ変更して /blog とし、それ以外のURLはすべて新しいURLへそのままつけかえます。ポイントは permanent です。これを指定しないと上記で説明した HTTP/1.1 301 Moved Permanently となりません。

参考URL
Redirect ディレクティブ
http://httpd.apache.org/docs/2.0/ja/mod/mod_alias.html#redirect

permanent
永久にリダイレクトをするステータス (301) を返します。 これはリソースが永久に移動したということを意味します。
temp
一時的なリダイレクトステータス (302) を返します。これがデフォルトです。
seeother
"See Other" ステータス (303) を返します。 これはリソースが他のもので置き換えられたことを意味します。
gone
"Gone" ステータス (410) を返します。これはリソースが永久に 削除されたことを意味します。このステータスが使用された場合、 url 引数は省略されなければなりません。

参考URL
ウェブマスターのための Google 情報
http://www.google.com/webmasters/3.html

HTTP 301 の(永久的な)リダイレクトを使用して、以前の URL から新しいサイトにリダイレクトするように設定すると、Google のクローラで新しい URL が認識されます。

こちらの意図の通りURLが変更されている例(3〜4日で更新されました。)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=avi+wmv+apache&btnG=Google

s-google_new_url.jpg


その他 引越し時の副産物

すべて Apache で設定するのも何なんで、部分的な転送(リダイレクト)はスクリプトに任せました。

redirect_permanent.php
<?php
header("HTTP/1.1 301 Moved Permanently");
header("Content-Type: text/html; charset=EUC-JP");
header("Location: ./");
header("Connection: close");
exit;?>

redirect_permanent.cgi
#!/usr/local/bin/perl
print "Status: 301 Mover Permanently\n"
print "Content-Type: text/html; charset=EUC-JP\n";
print "Location: ./\n\n";
それぞれにアクセスすると同じディレクトリ内の index.(html php cgi 等) にリダイレクトします。転送先を変えたい時は Location: ./ の ./ を任意のパスか http://〜/ に変更してください。但し、301 Mover Permanently である事にご注意下さい。

ヘッダーを見る為のツール
http://fula.jp/cgi-bin/head/

http://x.plala.jp/ のヘッダーを見る
http://fula.jp/ のヘッダーを見る

詳細は 次のエントリー で。

[admin ID:92RrOHSc] [Trackbacks:0] [English]
[記事固有URL:http://fula.jp/blog/index.php?no=r699]
[トラックバックURL:http://fula.jp/blog/ptb.php?no=699]



コメントについての補足事項

  • コメントは誰でもご自由にどうぞ。但し、営利目的の投稿はご遠慮下さい。
  • コメント内のhttp:// から始まる文字は自動リンクします。
  • 自動リンクしたくない場合は先頭に * (アスタリスク)をつけて *http:// としてください。
  • 投稿パスはコメント投稿後に修正、削除などの管理作業を行う時に利用します。
  • 設定した投稿パスは トリップ としても作用します。
  • ご自身で任意のパスワードを設定のうえ投稿して下さい。
  • 誹謗中傷など投稿内容によっては管理人の権限で削除、修正させて頂く場合があります。
  • 日本語を一定数含まない場合や句読点(点や丸)が使われていないコメントは投稿できません。
  • 正規書き込みパスには、はんかくかたかなで のし と記入下さい。スパム対策です。

名前

投稿パス

正規書き込みパス

コメント

確認後 :

投稿後の記事の修正削除

記事番号 : 投稿パス:

上記より投稿時に設定した投稿パスを入力して下さい。修正、削除などの管理作業を行う事が出来ます。

<< URL変更のお知らせ x.plala.jp → fula.jp | TOP | Header (ヘッダー) を見る為のPHPスクリプト >>

apache_powered.gif php5_powered.gif eaccelerator_powered.gif zend_optimizer_powered.gif xmail_powered.gif opera9_browser.gif

FLEUGELz