Proxyとか

ネット界隈と時事ニュースなどの日常の何気ない話題が中心な信憑性もなければ公平性もない偏った素人のメモ。

 http://fula.jp/ へのリンクはフリーです [メール] [PGP] はこちらよりどうぞ。但し、営利目的の方はご遠慮下さい。    携帯    English    韓国語    中文

<< 原爆の広報 | TOP | eAcceleratorでPHP高速化 >>

[P2P]  隣接秘匿方式 P2Pファイル共有ソフトが発表されました。

2005/08/11(Thu) 17:24:02 s-anasem.jpg

起動画面



隣接秘匿方式のC#(.Net Framework)による1実装

readme.txtより
ansem ver0.01 2005/08/11
by xibel◆ehCnoc5CmTZQFg more・・
■はじめに

本ソフトウェアを起動した場合、たとえこの文章を読んでいなかったとしても
以下に書かれている全てに同意したものとみなす。

本ソフトウェアを使用するに当たり、以下を禁止する。
これを守れない場合は本ソフトを使用しないこと。

・著作権法に抵触する行為を行うこと。
・本ソフトウェアの販売。
・インターネット上以外のメディアでの配布。
・リバースエンジニアリング。
・改造等、本ソフトウェアへの改ざん行為。
・本ソフトウェアが構築するネットワークへの意図的な攻撃。
・本ソフトウェアを使用したネットワーク攻撃。
・本テキストを読まずに本ソフトウェアを使用すること。

本ソフトウェアはフリーウェアである。
本ソフトウェアを使用して被った被害、損害に対して、
実装者 xibel および仕様策定者達は一切の責任を負わない。
使用は全て自己責任の下で行うものとする。
また実装者 xibel は本ソフトウェアの改良の責任は負わない。

使用者は動作報告、バグの報告を行うこと。まあ大量に来ると対処できないから、
クリティカルな奴だけ報告して欲しい。ただ、報告を受けたからといって返信、改修
するかどうかは別。放置されても文句を言わないこと。

本ソフトウェアについては実装者 xibel が著作権を主張する。
しかし本ソフトウェアで実装した「隣接秘匿方式」のアイデア、プロトコル、仕様
については xibel は一切著作権を主張しない。これらは Fw 氏、420 氏、
そして仕様策定に携わった議論参加者たちの著作である。

■履歴

2005/08/11 Ver0.01
(1)初公開。隣接秘匿方式の実装可能証明Ver.。
(2)検索、ダウンロード機能のみ。タスクは保存されないので
終了したらダウンロード指定してあったタスク全て消える。

■これは何じゃ

ansem は隣接秘匿方式による P2P ファイル共有ソフトである。
C# と .NET Framework により実装されている。

隣接秘匿方式については、P2P 匿名掲示板 Alpha2 上に詳しい説明がある。
匿名性の詳しい説明はそちらを参照すること。
Alpha2 上の仕様が書かれているアドレスは以下のとおり。

/ac430d5a-b488-8936-77da-55537bb3f5a8/

仕様策定にあたっての議論は以下で行われた。

/d5c77b14-942c-a5e2-0239-b30b3fc2c74d/

■必要なシステム

.NET Framework Version 1.1 が必要。よって OS も .NET Framweork
が動く OS が必要。
Windows Update とかでインストールすること。
あとは CPU、メモリ、HDD を潤沢に用意できれば理想的。

ネットワークは TCP のみ使用。外部から接続ができる環境でなければ
使用できない。いわゆる Port0 環境では使えない。

インストールは解凍して適当なフォルダに入れるだけ。
アンインストールは解凍してできたファイルをそのまま削除すればよい。
レジストリは使用していない。

ちなみに開発は Windows XP Professional Service Pack 2、
Pentium4 3GHz、512Mb で行っている。

■使い方

基本的には Winny、Share(仮称) と同じ。
「接続」ボタンを押し込んで接続状態にして、初期ノードを追加する。
あとは自動で接続しているノードを集めるので、次回からは初期ノード追加
は必要ない。(あまりに情報が古くなっている場合を除く)
ファイル名で検索し、検索結果一覧から選択して右クリック→ダウンロード。

■お前は誰じゃ

名前は xibel(ざいべる)。
単なるプログラマだ。
Alpha2 上では xibel◆ehCnoc5CmTZQFg として書き込んでる。
Alpha2 での私の Blog は以下。

/b6cedb68-7985-eedb-da8f-17c39dcbf2dc/

■なんで作った?

  この方式が非常に実現性が高く、また仕様が具体的に書かれており、
  かつ自分の能力を伸ばすための題材として適切だと感じたから。
  著作権侵害を助長する目的では決してないことを表明します。

■謝辞

すばらしい仕様を生み出してくださった Fw 氏、420 氏、そのほか多くの
議論参加者に最大限の謝辞を送る。

■ToDo

上にあるものほど優先度が高い。

・無視リスト機能の追加。
・アイコンの変更。誰かアイコン作ってくれ。タノム。
・安定性の向上。
・通信路の暗号化。(今は生パケットがそのまま流れてるので)
・ダウンロードタスクの保存。
・GUI 部品のプロパティの外部化。
・匿名 Proxy 機能。
・SOCKS対応。(要望があれば)
・あとなんか適当に。要望とかあれば実装するかも。

■適当な QA、もしくは愚痴

Q. "ansem" って読み方は?
A. あんせむ。
Abut Node SEcrency Method の略。
英語力の無さは指摘してくれるな。

Q. なんか使いづらい。
A. 基本的には ansem は隣接秘匿方式の実装可能証明であって、
実用性は考えていない。
まあぼちぼち改良していくつもりではある。

Q. キャッシュが物凄い量なんだけど。
A. アップファイルの全てをキャッシュ変換するため。
HDD は潤沢に用意すること。

Q. こんなにアップしてるのにダウンが少ない。
A. Winny のような Up,Down のバランス機能が無いため。

Q. 同時ダウンロード数は?
A. 今のところ2で固定(してるはず)。
タイミングによっては3つ同時にダウンロードする場合もあるかも。

Q. monoで動く?
A. さあ?試したこと無いからわからん。たぶん無理じゃね?

Q. 暗号には何使ってる?
A. RSA 1024bit と Rijndael。.NET Framework に標準で搭載されてるから。

Q. ソースは?
A. 気が向いたら公開するかもしれね。

Q. なんかダウンロードが遅いんだけど。
A. 転送の途中に回線の細いノードがあるのかも。匿名性向上のために無関係のノード
を挟んで転送するんで我慢してくれ。途中に挟むノードはランダムに選ばれるんで
転送速度とか全然考えていない。

Q. ダウンロード成功率が低い。
A. 隣接秘匿方式はキー拡散時に複数のノードを経ることで匿名性を高めているが、
その反面転送に携わったノード全てが生きていないとキャッシュやその他情報を
転送できない。おそらくそれらノードの一部が offline と思われる。
ブロックキャッシュも平行して検索し、見つかればそれを利用するから、
多く出回っているファイルなら成功率が高いかも。

Q. Port0 なんだけど。
A. 接続、検索まではどうにかなるが、キャッシュ転送ができない。絶対できない
わけではないが、相当な運になるのでほぼ無理。
今のところ対処はない。そもそも Port0 はキー拡散に参加できないので
隣接秘匿方式への貢献がないわけで。対処するにも相当な差別をすることに
なりそう。

Q. 他の P2P 共有ソフトと比較して匿名性はどの程度?
A. 基本的には Winny が行っている「転送の可能性」に基づく匿名性は備えている。
またキー(ファイル情報キー、キャッシュキー)の拡散が複数ノードを経て行われ、
まったく関係のないノードで公開される分、匿名性は高いといえる。
あとは通信路を暗号化すれば一通りの匿名性は確保したことになると思う。
詳しくは仕様を読んで、自分で匿名性の高低を判断してくれ。
詳細は不明ですが、これからテストを重ねるようです。興味のある方はテストに参加してみてはいかがでしょうか。尚、動作の為にはblogタイトルにある通り Microsoft .NET Framework のインストールが必須となっております

Microsoft .NET Framework
http://www.microsoft.com/japan/msdn/netframework/downloads/

終了時に初期ノードを保持しないバクがあるようですが起動毎に初期ノードを Setting/NodeRef.txt に手作業で書き込み(書式はノード毎に改行)すれば読み込みは出来るようです。下記の関連リンクより各自、捜してみてください。


RinGOch内関連スレッド
アンセムのノード
各種P2Pソフトのまとめ(隣接秘匿方式)

尚、ansemはRinGOch内で開発されております。RinGOchはansemと同じくP2Pで動作する、匿名コミュニケーションツールです。匿名でbbsやblog、wikiなどを利用できます。RinGOchが良くわからない方は以下のリンクを参考に導入をお勧めします。
http://fula.jp/blog/index.php?no=r649

サイト内検索 ::

[admin ID:92RrOHSc] [Trackbacks:0] [English]
[記事固有URL:http://fula.jp/blog/index.php?no=r671]
[トラックバックURL:http://fula.jp/blog/ptb.php?no=671]

Re:隣接秘匿方式 P2Pファイル共有ソフトが発表されました。

2005/08/12(Fri) 17:43:43 Mac や Linux に移植しやすいように GUI と CORE を分離していただけると嬉しいです。
また、ソースコードは非公開にして、別途 CORE 制御用の仕様書を公開して下されば
移植のお手伝いができると思います。 [humsel ID:hdwzUYRo] [Permalink] [home]
[記事固有URL:http://fula.jp/blog/index.php?no=r671#r673]



コメントについての補足事項

  • コメントは誰でもご自由にどうぞ。但し、営利目的の投稿はご遠慮下さい。
  • コメント内のhttp:// から始まる文字は自動リンクします。
  • 自動リンクしたくない場合は先頭に * (アスタリスク)をつけて *http:// としてください。
  • 投稿パスはコメント投稿後に修正、削除などの管理作業を行う時に利用します。
  • 設定した投稿パスは トリップ としても作用します。
  • ご自身で任意のパスワードを設定のうえ投稿して下さい。
  • 誹謗中傷など投稿内容によっては管理人の権限で削除、修正させて頂く場合があります。
  • 日本語を一定数含まない場合や句読点(点や丸)が使われていないコメントは投稿できません。
  • 正規書き込みパスには、はんかくかたかなで のし と記入下さい。スパム対策です。

名前

投稿パス

正規書き込みパス

コメント

確認後 :

投稿後の記事の修正削除

記事番号 : 投稿パス:

上記より投稿時に設定した投稿パスを入力して下さい。修正、削除などの管理作業を行う事が出来ます。

<< 原爆の広報 | TOP | eAcceleratorでPHP高速化 >>

apache_powered.gif php5_powered.gif eaccelerator_powered.gif zend_optimizer_powered.gif xmail_powered.gif opera9_browser.gif

FLEUGELz